弁護士に相談を受けるコツ

自分で解決できないトラブルが発生した時に弁護士に依頼する場合が多いですが、弁護士に依頼する時には何をどう話したらいいのかわかりませんよね。
弁護士に依頼する機会なんてそんなに多くはないので、相談するコツがわかっている人なんてそんなにいないと思います。
短時間で弁護士からアドバイスを受けるにはコツがあり、できるだけ本人が相談に行く事、関係のある書類や資料を持参する事、事実をありのまま話す、出来事を時間順に並べたメモを持って行きましょう。
第三者が相談に来ても本人の希望がわからないと弁護士も答えられない場合もあるため、相談は本人が行くことをオススメします。
弁護士が事実の経過や契約内容を把握するためには、関係のある書類や資料を全て持参し、資料は無くて再度相談にしなければならない場合もあります。
書類が重要な証拠になるので、直接書き込みをしたりしないようにしてください。
自分にとって不利な事は話したくありませんが、弁護士は事実を正確に把握しなければならないので、不利な事も恥ずかしくて言いにくい事も、ありのままに話す必要があります。
そして出来事を時間順に並べたメモがあると短時間でも適切なアドバイスを受けることができます。