車検、足回りの点検

車が安全に走行するためにも、車検という制度があるのは、ありがたいことですよね。
車検で必ずチェックされる、足回りの点検項目を見ていきたいと思います。
車体の中でタイヤだけが地面に着いているもので、安全に走るための重要なパーツですから検査官の厳しいチェックが入ります。
タイヤの溝が1.5ミリ以下になり、スリップサインと言われる溝が途切れる印が出たら車検には通りませんからタイヤの交換が必要です。
車検の前には自分でわかる範囲で釘が刺さっていないか、亀裂やひび割れはないか等注意しておきましょう。
空気圧もガソリンスタンドなどで自分でチェックできるので、適正な空気圧か調べてみましょう。
車検の検査官は、ホイールが変形していないかとか、タイヤとホイールの間の隙間もチェックします。
車検場では、ホイールナットの緩みも専用のハンマーでコンコン叩いて調べられるので、車検に出す前に確認しましょう。
あとは、ブレーキパッドやブレーキローターの状態も調べられますが、ブレーキローターは国産車なら純正であれば10万キロは交換しなくても良いということです。